1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫平均して成犬の歯になる頃の子犬というのが…。

平均して成犬の歯になる頃の子犬というのが…。

ミニチュアダックスフンドの類は成犬も小型なので、ずっと子犬のような感じで可愛いですが、しつけトレーニングはどんな犬でも幼犬のうちに実行することが重要でしょう。
日本でも、特に犬好きな方に支持されてペットとして飼われているチワワ。でも、しつけができず、苦労しているペットオーナーが大勢いるというのが現実のようです。
吠える犬のしつけ方に限ったことではなく、様々なトレーニングに共通しますが、犬に何らかを教えた後で褒める時は、誰が褒めてくれるかで、結果というのは相当違ってくるみたいです。
仮に誕生間もないミニチュアダックスフンドだとしても、家族に迎え入れたその日から、いえ、実際には迎える以前の準備段階の間からしつけなどはスタートしています。
しつけの心構えですが、何があろうとポメラニアンを力づくで叱ってはだめです。怯えるようになって、以降、心を開いてくれないようになる可能性さえあるらしいです。

例えば、子犬から飼い始めたものの、ラブラドールのしつけ方に過ちがあったみなさんは、「次はない」と思って、とにもかくにもやり抜きましょう。
仮にトイレ以外のしつけトレーニングで褒美の餌を犬に与えているならば、トイレのしつけ訓練が終わるまで、しばらくの期間は褒美をやることはしないで頂きたいです。
愛犬の無駄吠えなどは、その名の通り吠えるのが妥当ではない際に吠えること、またはオーナーが吠えてもらいたくない際に吠える行動なので、絶対になくしたいと思うのが当然です。
一般的に、チワワはおトイレのしつけなどもあまり大変ではありません。繊細な神経という部分もあるみたいなので、ある程度の期間はペットシーツの置き場所を一ヶ所に決めて、動かさないことが大事だと思います。
不完全なプルーフィングでは、自宅にいる時は静かにしている犬であっても、他人の家に入ったら、すぐさま飼い犬の無駄吠えが再びはじまるという事態があるみたいです。

柴犬などはとても賢く、その上辛抱強さが特徴の犬でしょう。よって、トイレをしつける際もすぐに覚えるばかりか、一度習ったら、ふつうは忘れたりすることなどないでしょう。
一般社会でチワワが調和のとれた生活をするには、一程度の社会性を体得しなければ駄目だと思います。つまり、子犬の時期からしつけるよう努めないとだめです。
毛がブラックのトイプードルに関しては、他の毛色より最も聡明であると思われています。このため、しつけする時ものみこみが速いというアドバンテージがあるそうです。
平均して成犬の歯になる頃の子犬というのが、とても元気いっぱいでしょう。その最中にきちっとしつけを実践するようにするのがベストです。
子犬にとっては、ただ優しく接するだけでなく社会に適応できるようパーフェクトに教えることが、極めて大事でしょう。頑張って愛犬をしつけてあげてください。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。