1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫飼い主の方々は…。

飼い主の方々は…。

基本的なしつけがされていなければ、散歩に関しても引っ張って歩いたり他の犬に吠えて敵意を見せたり、問題が多々あります。原因として、愛犬との主従関係が逆転しているためです。
怒らずにしつけるべきであると考えたために、飛びつきをとめるためにラブラドールを持ち上げたり、撫でたりすることはダメなんです。「飛びつくと遊んでくれる」と感じるためです。
元来、柴犬というのは無駄吠えといった行動をする犬と言われています。従って、無駄吠えをしつける時は「困難を要する可能性も大」と覚悟したほうが返って気楽だろうと考えます。
無駄吠えの他にしつけが肝心なのは、飛びつきでしょう。ふざけ半分で、急にラブラドールが飛びついて、その勢いのまま噛んだ末、事故を起こすこともないとは言えません。
子犬がどこかを噛んでくるというタイミングは、「噛んじゃいけない」という事をしつける機会だと言えます。噛んでくれないと、「噛むことは良くない」と、しつけることができかねます。

犬を飼う場合は、しつけなどをすることはすべきであって、そのような正しいしつけをしておけば、中でもラブラドールのような犬は飼い主に従順な大人の犬に育つと思います。
愛犬をしつける時は、噛む・吠えるという行動は、理由が何でそうやっているのかを観察しつつ、「吠える行為は許さない」「噛むことは悪いこと」としつけることが大切です。
飼い主の方々は、散歩中の拾い食いなどで犬の一生を悪化させることがあっては困りますから、しっかりと散歩中のしつけを完璧にすることがとても大切でしょうね。
ミニチュアダックスフンドがペットだったら成犬も小さいので、みた感じは子犬のように可愛らしいですが、しつけをする時はサイズに関係なく子犬の時に行うべきだと思います。
通常は柴犬の小犬を育成する目的次第でしつけ法は異なってきますが、愛犬として飼育しようというのならば、生後から半年くらいまでに行えば、きっと柴犬とのコミュニケーションに支障がなくなります。

トイレというのは、愛犬が自然と定位置でオシッコやウンチを済ます行為です。このしつけについては、なるべくはやく実行する必要があることに異論はないでしょう。
愛犬の噛む行為が愛情表現とはいいつつも、人と生活していく場合は、噛むどいう行動は危険を伴いますから、飼い主さんはきちんとしつけておかなければいけないはずです。
子犬と共に幸せに暮らすには、必要以上に甘い顔をせず、社会に適応できるようきっちりと習得させていくことが、至極大事でしょう。諦めずに子犬たちをしつけるべきです。
散歩に行ったり、食事、愛犬にとって楽しい時間などは褒美でしょうから、上手に利用して犬にとっての大切な時間の前におトイレのしつけ訓練を試すのも良い方法です。
普通は、子犬の時期がしつけるのに最適でしょうね。人もそうであるように、もう成長した犬よりも、幼い犬の方が容易にしつけられるのは、常識だと思いませんか?

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。